ストール・マフラーの素材とお手入れ方法

ストール・マフラー等で使用される、代表的な素材を紹介します。

動物性繊維

カシミア
カシミヤ山羊表面の毛の下に生えている柔らかい毛を梳いて紡績された糸を使い商品化手触りが非常に柔らかく、シルクの様な光沢とウールの持つ保温性を兼ね備えた高級材です。
ウール
羊毛(ひつじの毛)。
保温性の高い天然素材です。(メリノ種が世界最高の品質)
アンゴラ
ラビットのヘアー。繊維が極めて細く、蝕感は柔らかいのが特徴です。
ウールの1/3軽く、暖かさは3倍と言われています。
モヘア
ヤギの毛。シルクをしのぐ光沢となめらかさ、柔らかさ、軽さが特徴です。

植物繊維

コットン
綿は木綿(きわた)の綿花から採取されます。
繊度が細くて長いもの、白度とつやがあるものが良い綿の条件とされています。
繊維に天然の撚りがあり、からみ合いがよく、感蝕が柔らかいのが特徴です。また繊維が中空となっているので軽く・保温性に富んでおり、吸湿性が高いです。
麻にはリネン(亜麻)とラミー(苧麻)が代表的です。
リネン(亜麻)は人類が使った最古の繊維とされ紀元前5,000年にはエジプトで栽培されていました。ラミー(苧麻)は中国・インド・東南アジアなどのほかに日本でも産出されています。繊維としての性能は麻の中でもっとも優れており、漂白すると純白となり、精錬すると絹のような光沢を出す繊維となります。

植物繊維

コットン
綿は木綿(きわた)の綿花から採取されます。
繊度が細くて長いもの、白度とつやがあるものが良い綿の条件とされています。
繊維に天然の撚りがあり、からみ合いがよく、感蝕が柔らかいのが特徴です。また繊維が中空となっているので軽く・保温性に富んでおり、吸湿性が高いです。
麻にはリネン(亜麻)とラミー(苧麻)が代表的です。
リネン(亜麻)は人類が使った最古の繊維とされ紀元前5,000年にはエジプトで栽培されていました。ラミー(苧麻)は中国・インド・東南アジアなどのほかに日本でも産出されています。繊維としての性能は麻の中でもっとも優れており、漂白すると純白となり、精錬すると絹のような光沢を出す繊維となります。

合成繊維

合成繊維の代表的なものとして、3大合繊と呼ばれるナイロン・ポリエステル・アクリルがあります。通常の糸はいずれも丸型で平滑であるため、吸湿性はほとんどありません。
それぞれの特徴がナイロンはシルク、ポリエステルをコットン、アクリルをウールの繊維とみることもあります。
ナイロン
世界最初の合成繊維1930年代アメリカのデュポン社が工業化した物である。同じ太さの鋼鉄線より強く、摩擦や屈折にも強いので、今日では衣料を含めたあらゆる分野で使用されています。
ポリエステル
イギリスで開発され、1950年代に工業化された、ナイロンよりも新しい繊維であるが、ナイロンの成長率を上回るテンポで発展してきており、現在日本では3大合繊中最高の生産量となっています。それだけポリエステルが魅力的な繊維であり、各々の特色の総合点では、最高のものといわれています。
アクリル
アメリカのデュポン社が1950年代に生産をはじめた弾性合成繊維です。一般名をスパンデックスといい、ゴム糸のように弾力があるのが特徴です。

洗濯について

商品についているタグの洗濯表示をよくご確認ください。
日頃から高級素材を扱っている信頼できるクリーニング店にお出しください。ご家庭での洗濯は、生地を傷めたり変色したり、風合いを損ねてしまうことが ありますので避けて下さい。

※クリーニング店によっては<染みが広がった><縮んだ><房がほどけた>などの報告が寄せられております。必ず素材名や注意事項を知らせてからお出しください。
※デザイン上洗濯表示が本体につけられない場合、ご購入時に本体に付いている紙の下げ札やシールに洗濯表示を記載している場合がございます。大切に保管しておきましょう。

収納について

クリーニング後は湿気を飛ばす為、必ず袋から出して風を通してから収納してください。
収納の際は、防虫剤を入れた密封容器等に入れ、暗いところに保管してください。

ストールのアレンジ

ストールの結び方

ポイントを効かせたストールのアレンジやちょっと寒くなったときにさっと羽織れるスタイルなど覚えておくと便利なアレンジをご紹介します。
ストールでコーディネート力をアップしましょう。
ダブルクロス
首周りをしっかりと包み込み、華やかなボリュームと暖かさを兼ね備えた便利なアレンジ
しっかりと結べるので、つるつるしたアウターとの相性もGOOD
マフラーを好みの幅に折り、首にゆるめにひと巻きする
輪の中から片方の端をすこし持ち上げる。このとき、端が輪から抜けてしまわないように
持ち上げてできた空間にもう片方の端をくぐらせる
両端をすこしひっぱるようにしながら整える
三角アレンジ
民族調のストールでよく見られるアレンジですが、エレガントなスカーフや薄手のシフォンストールでチャレンジしても素敵です
三角形に折る
三角の部分が前に来るように体にあて、両端を首の後ろでクロスさせ、前にもってくる
重なった部分やフリンジをきれいに整えて完成
交差させる位置を肩の上にもってきても、印象の違うアレンジに
マント風アレンジ
ストールが大きく広がり、素材感や色。柄を存分に楽しむことができるアレンジ。
小さな動きでさっと羽織れるので、映画館やコンサートホールなどでも便利なまき方です。
ストールの幅を二等分に折り、さらに蛇腹におるようにギャザーを寄せて細くする
首にかけ、左右の長さをそろえる。前で二回ぐるぐると交差させる
両端を肩にかけるように後ろに回し、STEP1でたたんだ折り山を戻すように広げて形を整え完成

© 2017 MOONBAT CO.,LTD All Rights Reserved.